フェミニンゾーン ラクタシード

デリケートゾーン用洗浄剤ラクタシード

体がボディーソープ、髪の毛はシャンプー、フェミニンゾーンはラクタシード
というテレビのキャッチコピーで有名なラクタシード。

 

どんな成分が入っていてどんな効果があるのでしょうか。

 

ラクタシード

 

ラクタシードはお風呂でデリケートゾーン洗う時に使う専用洗剤
天然成分であるホエイと乳酸が配合されている液タイプの石鹸です

 

サノフィという会社が出していて製造元はベトナムになっています。

 

配合されている成分

 

配合されている成分は水ラウレス硫酸マグネシウム、ホエイ、乳酸グリセリンなど一本で250cc入っていて500円玉大を出してデリケートゾーンに塗る事で使います。

 

ラクタシードの種類

ラクタシードオールデイケアとオールデイフレッシュという二つの種類の石鹸があります。
この二つの違いはph酸性度です。

 

フェミニンウォッシュ・ラクタシードの成分と効果は? フェミニンウォッシュ・ラクタシードの成分と効果は?

 

ラクタシードオールデイケアはデリケートゾーンがより敏感な人のためにphが3.8に調節されていて、
オールデイフレッシュの方が若干強めph5.2程度に調節されています。

 

ラクタシードオールデイケア甘い香り、フレッシュの塗装は爽やかなハーブの香りになっています。

 

フェミニンゾーンは、女性のデリケートゾーンの外側の部分をさしていますが膣の中のphと近い数字に設定されていてデリケートゾーンに刺激が少ないようになっています。

 

乳酸成分はどんな効果がある

なぜラクタシードには乳酸・ホエイ・乳清が入っているのでしょうか。

 

それは膣にいる善玉菌は乳酸という酸っぱい成分を出してデリケートゾーンを酸性に保っているからです。
それと同じ乳酸を配合することでデリケートゾーンを健康に保ってくれるからです。

 

ラクタシードの正しい使い方

ラクタシードは1日1回お風呂でデリケートゾーン洗うときに使います。
泡立てずに適量を手にとって優しくデリケートゾーン洗いその後水で流します。

 

デリケートゾーンで優しい成分でできていますが、膣内洗浄剤ではないので膣内に入れたりしないようにしましょう。

 

洗う手順は前から後ろへと一方向で洗います。
肛門から前の方に洗ってしまうと雑菌がついてしまう危険性があるので必ず前から後ろに拭くようにしましょう

 

ラクタシードを使ったかたの口コミ

 

痒みが信じられないほどなくなったというかた、使い使い続けていたらかゆみが出てくるになったという方でデリケートゾーンの臭いに効果があるという方

 

デリケートゾーントラブルは減ったという方ので色々な口コミがありました。
沢山入っていて安いというメリットもあるようです。
また泡立ちが悪くて洗いにくいと言った口コミもありました。

 

まだネット上には口コミが少ないですが、これから普及していけば口コミの数も増えてくるでしょうか。

 

販売店

どこで購入できるのでしょうか。
それは約薬局やドラッグストアで販売されています。
また通販でも買うことができます。1本あたりは1000円から1200円程度

 

ラクタシードはデリケートゾーンの毎日のケアに向いています。
ただ、臭いを抑える成分などは入っていないので、本格的に対策するなら臭い対策成分が入っているデリケートゾーン石鹸がおすすめです。